渋滞に巻き込まれて返却に間に合わない場合
2017.04.24

赤い車レンタカーは気軽に車を借りることができて便利ですが、ふとしたことがちょっとした問題になることもあります。たとえば、渋滞に巻き込まれてしまったときです。レンタカーには返却する時間があるので、予期せぬ渋滞で返却が間に合わなくなった場合はどうなるのでしょうか。レンタカーショップにもいろいろあって、24時間営業のところならいいのですが、営業時間があるお店もあるので、これを過ぎてしまった場合は次の日に返却しないといけないことになり、さらに追加料金も発生したりします。

ここで、レンタカーの返却時間に間に合わなかった場合の対応をご紹介しますので、借りる際の参考にしてください。まず、遅れることが判明したときは、すぐに営業所に連絡を入れましょう。走行中に通話するのは違法となるので、普通の道なら停車して、高速道路ならサービスエリアなどに停まってから電話してください。ここで便利になるのがカーナビのシステムです。性能が良いカーナビの場合、到着予想時刻も表示してくれるので、それを利用してどれくらい遅くなるのかを話しましょう。返却予定時間の延長では、とにかく無断で遅れないようにすることが大事です。

なぜなら、レンタカーショップも営業でやっているので、次のお客さんのことも考えなければいけないからです。また、これも大事なことになりますが、当然ながら遅れるからといって制限速度を超えたり信号無視をしないようにしましょう。ということで、レンタカーでは渋滞などによって遅れてしまうかもしれないというトラブルも発生する可能性があるということを覚えておきましょう。ではここで、返却予定時間になるべく遅れないようにするポイントを説明します。まず、レンタカーを借りる前は、余裕がある返却時間を設定しておくことです。

こうすることで万が一の渋滞があっても余裕を持って返却することができます。渋滞は予測することができてある程度は回避できますが、交通事故などはいつ起きるかわからないので、やはり余裕をもった返却時間にすることが大事です。また、渋滞を予想しておくということもポイントです。ネットでは渋滞を予測するサイトがあるのでこれを利用するのもよいでしょう。たとえば、ゴールデンウィークなどの大型連休や土・日・祝などの休みの日などは渋滞が起こりやすいので、そういうときは返却時間の翌朝などにすることで対処することもできるでしょう。多くの人が借りていく自分ひとりのものではないレンタカーですから、このような気配りも大切になるかもしれません。

▲ ページトップへ