高速道路の渋滞を時間から予測して避けよう
2017.04.24

青い車レンタカーで長距離の旅行などをするときは、「高速道路」を使うことがほとんどかと思います。高速道路は文字通り迅速な交通を目的とした道路なわけですが、高速道路というわりに、全然高速にならない場合があるのです。それが「交通渋滞」です。「迅速に交通が行える」と聞くと、当然ながら多くの人がこれを利用するため、必然的に渋滞が発生してしまうのです。高速道路を利用して大渋滞なんかに巻き込まれると、まさに本末転倒のような状況になってしまいます。せっかくの旅行も、大渋滞に巻き込まれてしまっては、いやなストレスが残ってしまうことになりますね。ほんとうはその渋滞すら楽しめることができればいいのですが、さすがにそう考える人も少ないでしょう。

さらにレンタカーでは、「返却予定時間」というものを借りる前に設定しておく必要があるので、突然の渋滞に巻き込まれてしまうと、これに間に合わなくなってしまい、追加でレンタカーの料金を払わなければならない可能性も出てきてしまいます。レンタカーを借りて予期せぬ渋滞に巻き込まれたとき、返却予定時間に間に合わないようであればすみやかに営業所に連絡してその旨を伝えましょう。これを避けるためにも、高速道路の渋滞はなんとかして避けたいところですよね。まず普通に考えると、高速道路が混む時期といえばやはり土日祝などの休みか、大型連休でしょう。この時期ではほとんどのところで渋滞が出来てしまうということが予想されます。ネットなどを調べると、さらに詳しい高速道路の渋滞予測などを知ることができます。この渋滞の予測って、どうやって行っているんでしょうか?

渋滞の予測というのは、過去3年くらいのその道路の渋滞データから、どのような場所・時間帯で渋滞が起きているかを割り出しているのです。このような方法のほかにも、高速道路が新しくできたり、料金の割引などの変更があったとき、想定交通量を割り出して、道路の容量と車のオーバー分を渋滞の長さに置き換えて渋滞の予測をしたりします。大規模商業施設の状況やイベントなどの情報も集めて予測に反映させることもあります。また、最近ではネット上で「リアルタイムの交通情報」まで登場しているから便利ですね!お店のリアルタイムな混雑状況を知ることができるように、今現在の高速道路の混雑状況までわかることができるのです。これを活用しない手はないですね。このようにあらゆるところから計算された、ネットの便利な交通渋滞予測を利用して、利用する先の高速道路の混雑のピークを避けることができれば、渋滞も緩和されて、より楽しい旅行やドライブができるでしょう。

▲ ページトップへ